スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュンヘン 【ドイツ】


4月24日~5月1日まで、ミュンヘン演奏旅行でした。

今回の遠征はミュンヘンの現代音楽祭週間に招待されたもので、プリンツレゲンテン劇場でPhilipp Maintzというアーヘン出身の若手作曲家のオペラ「Maldoror」を初演を含めて計3回演奏しました。

スポンサーサイト

ハイデンハイム 【ドイツ】


16日~18日まで、演奏旅行でHeidenheimという所に行って来ました。




我が音楽監督の出身地で特に何があるという場所ではないのですが、雪がたくさん積もっていました。(^O^)/

16日の夜は、ヴェルディ作曲のオペラ「ファルスタフ」。
しかしオケピットの故障のため(苦笑)、ものすごく深いピットの中(おそらく普段の2倍の深さ)で弾かなくてはならず、指揮者は見上げないと全く見えないほど高く遠い位置だったので(指揮者は舞台の歌手ともコンタクトを取らなければいけない)ので、本当に大変でした。
楽譜を見ながらだと、指揮者の乗っている台しか目に入らないという状態。 首が痛くなりました。


17日の夜は、コンサート。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番と、マーラーの交響曲第4番でした。
このマーラー4番は、私が県芸・院の2年生のときにコンミスであのソロ(長2度高く調弦した楽器で演奏する)を弾いた想い出の曲です。

アーヘンからバスで片道7時間の旅は、やはりとても疲れました。。。
特に、16日の朝9時にアーヘンを出発して夕方4時に到着、6時45分から舞台リハーサル、8時からの本番は、正直きつかったです。


スポンサー会社にて・M&Mコンサート


15日(日)の午前中は、貴重なスポンサー会社メルツェデス・ベンツ会社で「M&Mコンサート」を行いました。
(「M&M」とは「Mercedes & Mozart」の略。)

そんなわけで、もちろんオール・モーツァルトプログラムでした。

「魔笛」序曲
ヴァイオリン協奏曲第5番(ソリスト:第一コンサートマスターのFelix Giglberger 氏)
ジュピター交響曲


いや~、やっぱりモーツアルトって天才!
素晴らしいプログラムで、弾いている私たちもとても楽めました。

コンサートのあとは、19ユーロ余分に支払うと、ミシュラン星のフランスレストランLa Becasseの食事が頂けるようでした。

一度だけ、友達とこのレストランでランチをしたことがありますが、値段が値段ですしね、美味しかったです。

ルール・クラシックフェスティバル


9月26日にはマールで、10月4日にはボットロップで、ルール地方で行われている「クラシックフェスティバル」で演奏して来ました。

定演前後に、それぞれ往復4時間ものバス旅行は、はっきり言ってきつかったです。
演奏場所も普段弾いているホールとは程遠い環境(マールでは旧電車車庫、ボットロップでは職業訓練学校の講堂)でびっくりしました。

「ヨーロッパが踊る!」というタイトルで、いろいろな国の舞曲を演奏しました。



ブリュッセル 【ベルギー】


昨日3月16日に、ブリュッセルにてコンサートがありました。

今回はモネ劇場ではなく、コンサートホールです。

曲目はヴェルディの「運命の力・序曲」、ショパンのピアノ協奏曲第1番と第2番でした。

古い建物ですが、音響がよくて弾きやすかったです。

プロフィール

germanymimi

Author:germanymimi
アーヘン市立劇場のHP
Sinfonieorchester Aachen (アーヘン市立交響楽団) に入団して、10年が過ぎました。アーヘン近郊にお住まいの日本人の方にももっと気軽に地元のコンサートやオペラに来てもらえたら・・・と思い、このブログを始めました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。